blog index

木もれび

お茶とお菓子の楽しいtea time
手作りのお菓子、料理 スローライフ、 少しねこ
9月の庭〜甘夏〜
0

    庭に甘夏の苗を植えたのは

    2008年だと思う

    その頃 知人に 庭に甘夏の苗を植えたの

    実がなるのが楽しみ と言ったら

    10年かかるよ と笑われた

    甘夏17091

    幸いなことに、10年もかからず、

    4,5年前から 実がなり

    甘夏ピールにしている

     

    無農薬、有機栽培の甘夏

    柑橘類の皮を使う時には、

    特に農薬の使っていないものを使うと決めているので、

    庭に実るのはありがたい

    甘夏17092

    昨年は あまり多く実らなかったのだが

    今年は とても多く実がなっている

     

    昨年までは ケーキに焼きこむピールにばかり

    重点を置いて作っていたが、

    今年は マーマレードも作ろうと思う

     

    ここ何ヶ月も 朝食にマーマレードを食べているのだが

    なかなか気に入ったものがない

    ほろ苦い、しっかりとした酸味と甘みのあるマーマレード

     

    今から楽しみ

    | メリッサ | 庭の植物 | 18:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    オートミールパン
    0

      JUGEMテーマ:グルメ

      ターシャ・チューダーのレシピブックに載っている

      オートミールパンを作ろうと思った

      オートミールパン

      焼きあがってから ?????色が薄い

      入れたモラセスを見たら、

      ライトモラセスだった

      ・・・・・先日入手したのはフルフレーバーのモラセス

      ついつい勘違いして、モラセスの半量をゴールデンシロップに

      置き換えてしまった

       

      オートミールパンは オートミールとモラセスを入れたボールに

      熱湯入れて1時間ほど置く

      そうすると、焼いた時、オートミールが溶けて

      ブツブツしないパンになる

      木の実のかおりのするパン

      どっしりとしたパン

       

      BLTサンドイッチに良く合う と合ったので

      オートミールパン2

      パンにバターを塗り、

      厚めに切って、ゆっくりと焼いた自家製カリカリベーコンと

      レタス、トマトを挟んだサンドイッチにした

      味付けは マスタードと塩

       

      どっしりとしたパンに、

      ベーコンの重み、レタス、トマトの酸味が

      とてもよく合う

       

      飲み物はアッサムで

       

      ブランチに良いと思う

       

      次回焼く時はモラセスに注意

       

       

      | メリッサ | パン食事 | 21:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      エンガディーヌ
      0

        JUGEMテーマ:グルメ

        随分前から作りたかったお菓子

        エンガディーヌ

        くるみの産地と名高いスイスの

        エンガディーンの地名をつけたお菓子

        エンガディーヌ

        タルトの生地に

        くるみをたっぷり入れたヌガーを入れて

        焼いたお菓子

         

        躊躇した理由は

        大量のくるみと蜂蜜

        ・・・後、生クリーム、バター、砂糖

        フィリングのカロリーの高さが気になる

         

        そして、凄く甘いだろうという 予想

         

        実際作ってみて、

        思ったより甘くなかった

        くるみの入った濃厚なヌガーが

        タルト生地とのバランスが良い

        蜂蜜やカラメルの甘い香り

        とても豊かな味わいのお菓子

         

        これは少量カットして食べるお菓子

         

        飲み物は ジャスミン緑茶で

         

        | メリッサ | tea time | 18:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        ふくれもち
        0

          JUGEMテーマ:グルメ

          家人の郷土のお菓子にふくれもち というものがある

          もちではなくて 饅頭なのだが

          『ふくれもち』と呼ばれている

          ふくれもち170917

          遠来の客が来たり

          何かお祝いごとがあったりすると作るらしい

           

          私もそちらに伺った時に

          作っていただいた

           

          薄力粉を生イースト、砂糖、塩、ぬるま湯でこねて

          餡を入れて 成形し、発酵させる

          それを蒸して出来上がり

           

          作り方を義母に聞いたときに

          小麦にイーストを30エンガトブン入れて・・・

          ?????エンガトブンという単位があったのか?
          どういうものか?と理解できず、
          家人に電話を代わってもらった
          30円がと分 つまり30円分のイースト
          郷里では そういう売り方?買い方が有るのだろうが
          こちらには ない
          まして、生イースト!! 凄いではないか
          明治の初めごろに宣教師が伝えたであろう
          イーストを使って地元にある粉で作った饅頭

           

          このふくれもち、中華まんに似ているが、

          冷えると とたんに固くなる

          懐かしいと思われる方には これでよいのだろうが、

          何と無く気になる

           

          作り方を少し変えてみた

          生地をこねてから、一時発酵させて、

          分割し、成形して、二次発酵

          蒸す

           

          しかし それだと表面にしわが出来る

          二次発酵時間短縮したらよいか?

          薄力粉に強力粉を1/4ほど混ぜてみるか?

          もともと日本の地粉は中力粉だったはず

          と いろいろ考える

           

          義母はよく働く人だったらしく、

          雨の日、畑仕事が出来ないと、

          よく ふくれもちを作ってくれたそうだ

          オヤツだと出されたふくれもちは

          餡子がないと、さつまいもを細かく切って

          それを包んで 蒸したそうだ

           

          懐かしい人をしのぶお菓子

          | メリッサ | 食の伝承 | 16:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          黒豆おこわ
          0

            JUGEMテーマ:グルメ

            以前 黒豆おこわを炊いたのは

            2012年の4月のことだった

            あれから 随分と作っていなかったのだが、

            久しぶりに作ってみた

            黒豆おこわ1

            以前作ったときに、

            母から言われた
            黒豆おこわは白っぽいおこわなので
            黒豆おこわには煮汁を入れない。
            もち米は炊けたら黒豆を入れて蒸らす
            これによってほんのりと色が着く
            水分が少し多い。
            混ぜすぎ。もっと軽くまぜること
            黒豆の堅さはこれでいい。
            黒豆に塩味をつける
            お米には塩味をつけずに蒸し、
            途中で豆を入れる
            仕上げに味を見ながら塩を足す
            ことを気をつけて
            黒豆は 煮て、柔らかくなったら、
            汁と豆を分けて
            豆に少量戻した汁と豆に塩を入れて冷ます
            もち米は洗って、水につけて戻し
            蒸し器で15分くらい蒸す
            湯をカップ1くらい打って、
            汁を切った黒豆をもち米の上に載せて15分くらい蒸す
            飯台(我が家では寿司桶)に入れて、
            混ぜ、塩で味を調える
            もち米と黒豆を一緒に蒸すことで、
            ほんのり色が付く
            味は後で調整したほうがうまくいく
            やっと 納得のいくものが出来た
            祖母が富山の出身だったので、
            幼い頃、祖母を訪れると、
            大抵 黒豆おこわを作って待っていてくれた
            幼い私には、黒豆の渋い味が苦手だった
            しかし、黒豆おこわ 懐かしい
            祖母にめぐり合ったような味がする
            黒豆おこわの夕食
            黒豆おこわ2
            おこわがメインなので
            他のものは 簡単に

             

             

            | メリッサ | 食の伝承 | 19:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                 12
            3456789
            10111213141516
            17181920212223
            24252627282930
            << September 2017 >>

            bolg index このページの先頭へ