blog index

木もれび

お茶とお菓子の楽しいtea time
手作りのお菓子、料理 スローライフ、 少しねこ
<< カップケーキ1906 | main | 宇治ソフトクリーム1906 >>
すてきなケティ1906
0

    JUGEMテーマ:自分が読んだ本

     

    ずいぶんと昔の話になる

    幼稚園のころ 本を読まない子だった

    幼稚園の年中では 至高社の「こどものせかい」を

    毎月配布され、
    家では福音館書店の「こどものとも」が毎月書店から届いた
    しかし それらの本はただ本棚に積読であった

    あるとき叔母に 絵本を一行ずつ読もうと誘われて

    読んだらとても楽しかった

    それから 一冊 また一冊と本を読みだして

    徐々に本の世界の住人となっていった

     

    小学校のころには休み時間も本を読み

    長い休み時間は外で遊ばないといけないのが

    とてもつらかった

     

    小学校の3年くらいになると

    小学館の少年少女世界名作文学 全50巻が
    家にあったので それを読みだした
    1冊に4〜5冊分の本が入っていて
    バーネットの 小公子、小公女、ひみつの花園などもあった
    すてきなケティ1906
    すてきなケティは
    アメリカ文学の中に入っていたと思う
    クーリッジ作「ケティ物語」として
    お父様はお医者様 
    お母様は末っ子が赤ん坊のころ亡くなっている
    6人の子供たちを見るのは叔母様
    12歳を筆頭に6人・・・・目が回る
    長女のケティは なかなかに活発
    1872年に出版された本
    コティがブランコから落ちてベッドの生活となり
    落ちこんでいたとき
    いとこの「ヘレン」との会話で生きる希望を見つける
    私はこのヘレンが好きだ
    そしてケティ物語も好きだった
    絶版になったものを見つけて入手した
    | メリッサ | 本・ビデオ | 22:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    コメントする


    この記事のトラックバックURL
    http://blog.y-komorebi.com/trackback/996447
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>

    bolg index このページの先頭へ