blog index

木もれび

お茶とお菓子の楽しいtea time
手作りのお菓子、料理 スローライフ、 少しねこ
<< 巻き寿司1802 | main | お花〜くるりん〜 >>
キアッケレ〜イタリアのカーニバルのお菓子
0

    JUGEMテーマ:グルメ

    カーニバルは復活祭前の四旬節が始まる

    灰の水曜日の前日に卵や牛乳、バター、肉などを食べてしまおう

    ということで、いろいろな国でそういう伝統的なお菓子がある

     

    イタリアのキアッケレ

    キアッケレ1802

    このお菓子は 地方によって色々な呼び方があり

    キアッケレ(おしゃべり)

    チェンチ(ぼろ布)

    ガラーニ(リボンの薔薇結び)

    ブジエ(うそ)

    などある

     

    作り方も家庭やお店でいろいろある

     

    小麦粉、卵、砂糖、オリーブオイル、水分を入れてこねて

    パスタの生地のようなものを作り、寝かせて

    薄く延ばして切って 油で揚げる

    揚げたら油を切って 粉砂糖を振り掛ける

     

    素朴で地味なお菓子。食感はビスケット

    食べてみるとなかなかに香ばしくて、いくつでも入ってしまう

    飲み物はコーヒーが合うと思う

     

    このお菓子は まだ若い頃、ある集まりのお手伝いをしたところ、

    担当の神父さんが作ってきてくださったお菓子

    神父さんから「キアッケレ」おしゃべり という名だと伺った

    一生懸命作ってくださったのだが 

    見た目が余りに地味だったためと、

    皆様がこの伝統のお菓子のことを知らなかったために

    私が焼いたバターケーキばかりを召し上がって

    神父さんは残念な思いをされたであろう というお菓子

     

     

     懐かしさとほろ苦さの混じった思い出のお菓子

     

     

     

     

    | メリッサ | tea time | 22:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    コメントする


    この記事のトラックバックURL
    http://blog.y-komorebi.com/trackback/996002
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>

    bolg index このページの先頭へ