blog index

木もれび

お茶とお菓子の楽しいtea time
手作りのお菓子、料理 スローライフ、 少しねこ
あんパン
0

    JUGEMテーマ:グルメ

    久方ぶりにあんパンを焼こうと思い立った

    餡は以前おはぎの時に作ったものを冷凍してある

     

    このところ、バターや卵の入ったパンを作っていないな

    と思いつつ
     そういえばクグロフは作ったが、これはまた別として
    レシピを引っ張り出し
    バターロールより少しバターが少な目の生地を作った
    これを分割し、餡を包む
    包んだら生地の上を水で塗らして胡麻をつける
    二次発酵させて、180℃で焼く
    あんパン1711
    素朴なあんパン
     餡は粒餡。砂糖は小豆と同量なので、
      甘みは強くない
    そのほうが、私には食べやすい
    胡麻がたっぷりなのは、
     胡麻が好きだから
    飲み物は ほうじ茶
    | メリッサ | tea time | 20:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    甘夏とレモン
    0

      JUGEMテーマ:グルメ

      庭の甘夏とレモンだが、

      11月現在の甘夏
      甘夏1711
      随分と黄色くなってきた
      昨年までは 濃緑からオレンジ色に変わる途中
      緑とオレンジを混ぜた黒い果実になり、
      次第にオレンジが強くなってきたのだが、
      今年は緑から黄色い実になっている
      ????これでよいのか???
      昨年の果実は大きかったが
      今年は小さく、そして実が多い
      実りを頂くまで、まだまだ時間が有るので
      じっくりと観ていこう
      レモン
      レモン1711
      これも、濃緑から徐々に明るい緑になってきた
      もう少ししたら、レモン色になるだろう
      昨年までは実のならない残念なレモンの木だったのだが、
      今年はざっと数えるだけで20個ほどの実がなっている
      収穫が楽しみ
      庭の植物はまったく農薬は使わない。
      肥料もほとんどやらない。
      自力で頑張れ!!という感じ
      それでも、頑張って実をつけてくれる
      これで、何を作ろうか??
      今から楽しみにしている
      | メリッサ | 庭の植物 | 17:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      クリスマスのフルーツケーキご予約受付中です
      0

        JUGEMテーマ:グルメ

        クリスマスのケーキと言えば、

         小さい頃は バタークリームのバラのついたスポンジケーキ

         少し大きくなってからはいちごの載った生クリームのスポンジケーキ

        今は千差万別のクリスマスケーキがある

         

        ヨーロッパの伝統的なクリスマス・ケーキは

         ドライフルーツがたっぷり入ったものが多い

         ドライフルーツは豊かさの象徴だったから

         ドライフルーツのたっぷり入ったバターケーキ

         シュトーレンやパネトーネなどのパン菓子

         クリスマスプディング

         たっぷりのドライフルーツの入ったお菓子

         

        木もれびのクリスマス・ケーキは

        クリスマスのフルーツケーキ

        ザクザクと色々な種類のドライフルーツの洋酒漬けと

        ナッツ、香辛料の入ったケーキ

        焼き上がりにたっぷりのラム酒を塗る

        1ヶ月は常温保存が出来る

        どっしりと重たい 大人のケーキ

         

        飲み物は 紅茶、またはコーヒーで

         

        クリスマスのフルーツケーキ

        ただ今ご予約受付中です

         

        | メリッサ | tea time | 20:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        ローストビーフサンドイッチ1711
        0

          JUGEMテーマ:グルメ

          ティータイムのサンドイッチは

          出来るだけシンプルであっさりとしたものが好みだが

          今回は少し重いお菓子が多いので、

          サンドイッチも少し重たいものにした

           

          といってもローストビーフのサンドイッチだが

          ローストビーフサンロイッチ1711

          全粒粉の入った自家製食パンを薄く切り

           

          一組のパンにはホースラディッシュ入りのバターを塗り

          ローストビーフを挟んで、塩少々を振りパンを重ねる

          もう一組はパンに柚子こしょう入りのバターを塗り、

          ローストビーフを挟んで、塩少々を振りパンを重ねる

           

          なぜに塩を振るか?

          このところパンに塗るバターも発酵バターや

          無塩バターを使っているので、

          必要なだけ塩を加えることにしている

           

          一組ずつを重ねてカットする

           

          ホースラディッシュのサンドイッチは

          いつも食べなれたシンプルなサンドイッチ

          柚子こしょうはほんの少し入れただけなのに

          柚子の香りと刺激的な辛さがほんのりと効いて

          これまた とても美味しいサンドイッチになった

           

          飲み物は 濃く淹れたウバのミルクティーで

           

          サンドイッチに柚子こしょう 

          なかなかにお勧め

           

           

          | メリッサ | tea time | 17:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          ホースラディッシュの葉で
          0

            JUGEMテーマ:グルメ

            生のホースラディッシュを探していて

            なかなか見つけられなかった

            ネットで調べて入手した

            たくさんあったので、根をそのまま庭に植えたのが9月

             

            2週間もたったら、葉が青々と伸びてきて、

            丈夫だな と感心した

            葉どんどん茂ってくる

            ホースッラディッシュ1

            この葉を見ていた家人が

            食べていたいと言い出した

            もともと根を食べる植物

            それも、ローストビーフなどへちょっとだけつけるもの

             

            調べたら、葉の調理方法は有るらしい

            ホースラディッシュ=山わさび

            ホースラディッシュ2

            葉を洗い、茎と葉に分ける

            葉は細かく刻んで塩でもみ、熱湯を掛ける

            茎も適当に切って塩でもみ、熱湯を掛ける

            しょうゆ漬け と三杯酢漬けにした

             

            ホースラディッシュ3

            左から、茎のしょうゆ漬け、葉の三杯酢、葉のしょうゆ漬け

            茎は とてもとても堅くて、そのままでは
            食べられなかったので、細かくみじん切りにした

             

            葉のほうは ごく普通に食べられる

            ごはんに載せてたべる

            ・・・

            ・・・・そこまで手を掛けて食べるものか????

             

            好き好きだろう

             

            | メリッサ | 庭の植物 | 19:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
               1234
            567891011
            12131415161718
            19202122232425
            2627282930  
            << November 2017 >>

            bolg index このページの先頭へ